転職を怖れることはなにもなし

転職を怖れることはなにもなし

私はシステムエンジニアに転職しました。高校を卒業し、大手も工場に就職しました。

その当時は、バブルの後期だった為、求人数が1人で4社選べるくらいの求人数でした。

私は、仕事に興味がないまま、大手にはいれば良いと思っていました。

それから、仕事を始めたのですが、若かった事もあり、仕事に内容に疑問を持つ事はありませんでした。

それから、5年が立ち班長になったのですが、それと同時に仕事に関して疑問が生まれ始めていました。

自分にあった仕事がないか?と考える様になりました。

ただ、当時は会社をやめる事は負け組とか、根性がないとかいう暗黙の了解があったので、その事も転職の邪魔をしていました。

たまたま、見たニュースでIT業界が急成長し、技術者が足りないという事を聞きました。私は、中学に頃にパソコンに出会いました。

当初は、ゲームをする為に購入したのですが、そのパソコンにはベーシックというプログラムを組むことが出来るがついていました。

私は、興味を持ち遊びで、独学で勉強しました。工業高校に入学したのですが、なんとベーシックの授業がありました。

私は、理解していたので教え役として参加していました。高校の卒業研究も、プログラムでソフトを作成しました。

このニュースを聞いてから、その頃の楽しいパソコンを思い出し。プログラマーになりたいという気持ちが

大きくなりました。

私は、世間体も考えたのですが。やはり人生は1回しかないので、退職し、プログラマーになる為の資格をとる事にしました。

仕事をしない訳には行かなかったので、派遣のラインで仕事をしながら。プログラムの勉強をしました。

半年後、何とか資格が取れたので、就職活動しました。

何社か受けましたが、面接を重ねる内にわかってきた事がありました。

システム開発の会社は中途採用で、初心者をとる事はほとんどないという事です。資格を持っている位ではぜんぜん説得力がありませんでした。

私は、人生の選択を間違えてしまったと思ったのですが、もう後にひ引くことは出来なかったので、

そのまま就職活動を続けました。

ある会社の面接に行った時、その会社は私のやりたい内容の会社ではなかったので、帰ろうした時

に声を掛けられました。

その方は、面接に来た会社の協力会社で、システム開発の会社の社長でした。「うちの会社に遊びにこないか?」と誘われたのです。

私は、早速、会社に遊びに行きました。

それから、ほぼ毎日行き、システム開発の会社の雰囲気に酔いしれたり、沢山ある参考書を読んだりしながら時間を過ごしました。

私は、この会社で働きたいと思い、ダメ元で話をしました。社長は、私を採用する気で誘ってくれていたのです。

私は、これでシステム会社に就職する事が出来ました。やっと、プログラマーとしての仕事がスタートしました。

私は、同じ年の人に追い付く為に、ひたすら仕事の経験値を積んで行きました。2年位して、プログラマーから、システムエンジニアとして仕事をする様になりました。

私は、今思うのが、日本のサラリーマン教育が、自分のやりたい仕事を見つける事を拒んでいると思います。

もっと、小さい頃から将来についていろいろ考える時間や授業をするべきだと思っています。

これが、私が経験した転職活動です。

そして、転職において大事なのが長所を明確にするということです、自己PRに欠かせませんからね。

長所例文.jp


メニュー

Copyright(C) 2017 転職を怖れることはなにもなし All Rights Reserved.